BLOG 淡路島の風

家族 > ごはん

2021.07.17

畑のトマト酵母がいい感じ

カンパーニュがとてもいい感じに焼けてます^^
018 (2).jpg020 (2).jpg022 (2).jpg淡路牛のニクニクしいパテをこしらえて、チーズはカチョカバロを炙って~^^

2021.05.31

モッツァレラまるまる1個を一枚に!

数少ない子供たちとの週末時間です~
しかし良いお天気でしたね~^^002 (2).jpg006 (2).jpg007 (2).jpg001 (2).jpg5月最終日、現場では大きなガラス搬入していただいております!

2021.05.27

ズッキーニとゴルゴンゾーラ

大きなズッキーニだったのでこれで4回目かな^^;
1本20日間くらいかけていただきました~^^;001 (2).jpg

2021.05.15

シゲキの鰆とみのり寿司^^

幼馴染の漁師シゲキの鰆!
鰆漁もそろそろ終盤だそうですが、
大きくてきれいな白子も入ってました~^^
ありがとーシゲキ~^^011 (2).jpgホウボウも~^^003 (2).jpg004 (2).jpg007 (2).jpg009 (2).jpg左から‘さわら・たまご・ほうぼう・いくら’
美味しく楽しいごはんとなりました~^^

2021.05.08

自粛で贅沢食事時間^^

贅沢なのです^^
そしてどちらも美味しいが過ぎます~!
タイプ全然ちゃうけどシーン選んでどちらも楽しい!
みなさんもおうちのみ楽しんでらっしゃいますかー^^001 (2).jpgドメーヌ・ガヌヴァ
Côtes du Jura Chardonnay Cuvée Florine
(コート・デュ・ジュラ・シャルドネ・キュヴェ・フロリンヌ )
【品種】シャルドネ100%   【植樹】1986年   【収量】30hl/ha   【土壌】石灰質   【全房使用率】100%
【醸造】中古樽(600L)を使用し、シュールリーにて3年間人的介入なしで自然発酵と熟成   【瓶詰】2019年12月
【テイスティングノート】白い花や蜂蜜の香りとヴァニラやピーチの複雑なフレーバーを楽しめます。
【アルコール度数】14.0%   【生産量】3000本   ◆無清澄・無濾過・SO2無添加
アンヌ・エ・ジャン・フランソワ・ガヌヴァ
Côtes du Jura blanc “Les Cèdres”
(コート・デュ・ジュラ・ブラン・レ・セドル)
【品種】シャルドネ 100%
【土壌】ジュラ紀に形成された泥灰土と石灰岩   【樹齢》約60年   【収量】30hl/ha  【全房使用率】100%
【醸造】木樽(350L)を用いて、シュールリーにて3年間かけて人的介入なしで、野生酵母による自然発酵と熟成
【サービス】カラフェに移すことも可能です。
【瓶詰時期】2019年12月   【生産量】2000本
【アルコール度数】13.5%   ◆無清澄・無濾過・SO2無添加
004 (2).jpgこの頃パスタでご飯は、だいたいいわしのオイル漬けとお野菜です~
柴山さんのアグレッティの食感楽しく美味しくできました~^^
昨日はたくさんのご予約ありがとうございましたm(__)m
週末2~3名様のお部屋は10月末まで満室となりましたが、
平日はまだ余裕がございますので、
もしよろしければどうぞよろしくお願いします^^

2021.04.30

シンプルで贅沢

今日のお昼ご飯は、
ニンニクなしであっさりと^^
豆類+コリアンダー!
モリモリ食べます^^003 (2).jpg今日は午後から岡田家具創造堂の岡田さんに来てもらって、家具メンテナンスのご相談でした!
久々岡田さんとお話ししましたが、
いや~楽しかったです^^
再開後には、岡田さんの家具もまた美しくなって
お越しの皆様にご利用いただけます!
楽しみだなぁ~^^

2020.12.11

ゆっくり休んでしっかり仕事!

津名の先生のところからは淡路島の真ん中を抜ける道が近いですが、
こんな澄み切った日は西海岸を南下するに限ります^^
サンセットロードですね~!
べた凪の瀬戸内海に映る太陽の輝き、
めちゃ~くちゃ~気持ちいいです^^
とはいえ、車を止めてゆっくり眺めるほどの余裕はなく~、
車の少ない(というか、ほぼ0!)いつもの丸山海岸で一時停車でぱちりと…003 (2).jpg夕ご飯に今が旬の蕪を使ったクリームパスタ作りました!
ゆげで真っ白ですが、蕪が甘くておいしかったー^^004 (2).jpg体も整ったし、美味しい蕪も食べた!
さて!がんばりましょ~^^

2020.08.25

有意義な時間を

やっぱり刺激と言いますか癒しと言いますか、
非日常を体験する時間は求めていまして、
そんな体験を求める時間として、
少し長めのお休みを毎年のようにいただいておりますm(__)m
彼方此方(あちこちってこう書くんですね!)旅に出て体験することによって、
今の自分たちが実践していることと照らし合わせ、良いところ悪いところ感じる。
この感動を自分たちなりに表現…じゃない、
どう気づいていただくか、自分たちが気付けるか。
至れり尽くせりの難しいところは、
優しさの押しつけ加減が非常に微妙なところ。
気遣いは、気遣わせることにもつながるのでその辺がとても難しく思います。
気遣わせることなく気遣いができる
そんなことさらっとできる人になりたい…
かな?
書きながらちょっと重い感覚になったからたぶんなれないならない^^
彼方には行けませんが、此方で何か探してみようと思います。
せっかく頂いた時間、すこしでもこの宿が良い方へ向かえるように。
とり屋さんをされてらっしゃるお客様から頂いたきれいな鶏肉。
その中のずりをコンフィにしてワインのおともにさせていただきましたありがとうございますm(__)m
きれいな鶏肉からきれいな仕事ぶりがとても感じ取ることができます。
その仕事ぶりからその人がうかがえます。美しい!
イノシシのパテには発色をよくするようなものはいれていません。
発色剤がどのようなものなのかは調べもしませんが、そのままでいいと思っています。
丸山のウオゼ、うちでは初ものです。家族で晩御飯に頂きました!
最高^^
003 (2).jpg005 (2).jpg

2020.07.30

おひるごはん

暑いから冷製です^^
残り物の焼きナスのピュレがベースで香りは柴山さんのレモンバジル!IMG_5432.jpg

2020.06.15

ちゃんと豚まんでした^^

粉を量って練って発酵させて餡を詰めてまた発酵、
最後は強火で15分蒸す~!3.jpgピザギョウザうどんたこ焼き今回豚まん!
楽しく美味しい良い時間^^
付け合わせは肉厚セルバチカ~!
4.jpg

CATEGORY

ARCHIVE