BLOG 淡路島の風

風景 > 仕込み

2021.12.06

たくさんのご予約ありがとうございました!

本日はたくさんのご予約いただきまして、
本当にありがとうございましたm(__)m

GW、週末は満室を頂き、
もうほんとにありがたく頑張ります!!

今夜はいつもお世話になってる皆さんとまるみさんです^^
楽しんでまいります!

チダイをさばきながら眺めた厨房からの夕景です~。
お正月みたいですね~今週の朝食用です~~^^

2021.11.13

淡路ビーフばら肉と玉ねぎの煮込み

じっくり玉ねぎを炒めますとろとろに。
玉ねぎはやっぱり玉ねぎでただただ玉ねぎの香りですが、
隣でばら肉をソテーし始めるとその香りと玉ねぎの香りが相まって、
もうおいしい^^
たぷたぷととろとろと十分に玉ねぎがいたまったら、
おろしたショウガとニンニク、スターアニスとクローブを入れるのですが…

香りだけで笑顔になれるそんな煮込みです。

ばら肉に一晩塩してますので、味付けはほぼほぼお肉の塩分のみ。
その日のお野菜と合わせてその日の酵母のカンパーニュに。
昨夜は、原木しいたけ、柿酵母のカンパーニュでした~。

2021.09.02

2月のご予約ありがとうございました!

昨日はたくさんのご予約いただきまして、
本当にありがとうございましたm(__)m

週末をはじめ満室の日もm(__)m
どうぞごゆっくりとお楽しみくださいませ!

淡路島のブドウ酵母、前回は藤稔でしたが、
今回はナイアガラ!
ナイアガラ独特の甘い香りは少し控えめですが、ちょうど良いでしょうか。
元気に育ったので今日はナイアガラ酵母でカンパーニュ仕込みました。
さてどのようなパンが焼けるのか~!
たのしみですねぇ~~!

2021.08.20

淡路のブドウ酵母

ブドウ酵母、順調です。
今朝は右の2本もホバーリング状態。
かる~くしゅわしゅわしております~。

いつになったら晴れてくれるの~~^^;
魚も野菜も必死の仕入れです!
今日も気合でぐるっと~~~~!

2021.06.23

すもも酵母

風がひんやりしてて気持ちいい日が続きますね~
宿にある庭の小さな畑ではハーブが主にいい感じです。
本家のおばちゃんに借りてる畑はトマトとタイグリーン、
そうそう、移植(してました^^;)のトマティーヨも順調!
さすが本物の畑はちがうなぁ~^^;
トマトも軸の太さがまったく違います!003 (2).jpg頂いたスモモで酵母です~一日目。
現場は、今週末からは森左官さん!
よろしくお願いしますm(__)m

2021.04.13

糖度低めのジャム仕込み

夜がお休みな本日の朝食をお出しさせていただいた後は、
厨房がフルーツの香りに満たされながらの仕込み作業^^
休み明けの予約状況の確認と仕入れの段取りしながら~!
001 - コピー.jpg002 (2).jpg少しキャンセルいただいておりますので
もしよろしければお問い合わせくださいね!
旬の食材でお待ちしております~^^

2020.11.12

鳴門金時プリン!

鳴門から頂いてきました鳴門金時!
宝楽焼きに使う石を敷いて石焼き芋に^^001 (2).jpg002 (2).jpgこの頃デザートは鳴門金時プリンです~!
ほっこりしてくださいねぇ~^^

2020.09.23

秋は酵母も色々!

叔母からブドウが届きました!甘~い香りの酵母が完成^^003 (3).jpg鳴門からは薫り爽やかスダチが~!ブドウの次はスダチです!
色々お楽しみくださいねぇ~^^

2020.08.13

穏やかに穏やかに

そーいえば、
つくつくぼーしが鳴いてたのを一昨日聞きました。
もうそんな時期なんですね~^^;
今年の夏はいつも以上にあっという間に過ぎ去ってゆく感覚。
残暑はどれほどのもんなんでしょ。控えめにお願いしたいものです。
お盆が終われば、うおぜの顔みれるかなぁ~。
お盆中の朝ごはんでお出しさせていただいている釣り鰆の塩焼き、
状態がとても良いのでこれまたいろんな料理で楽しめるなぁ~。
青魚系も回遊して来たり、アオリイカもシンコが出だしたり。
思わず秋の妄想にふけってしまいますが^^;
昨夜のお客様にもワイン色々もちろん地酒も^^
本当にありがとうございましたm(__)m
今日もしっかり骨切りがんばります~^^
鱧の状態はまだいい感じですよ~!
ごゆっくりとお楽しみください^^
4G4A5464.jpg鳴門のさっちゃんの梨で酵母おこし。
お盆明けは梨酵母のカンパーニュで~^^

2020.07.23

淡路島のパテ

松岡さんのイノシシと鹿の肝のミンチをパテに。
山の山椒がアクセント。
カンパーニュのおともに!
ワインは小布施のシラーどうでしょ^^IMG_5415 (2).jpgIMG_5417 (2).jpg

CATEGORY

ARCHIVE