BLOG 淡路島の風

2024.02.29 / 10:16

オツカレサマ!

色々お疲れ様でしたー!で、まるみさんへ!
(あ、試験とか、確定申告とか、あ、確定申告まだ終わってないけど^^;)
我が家はいつもまずマルゲリータ焼いてもらいます!
子供らお腹すいてますからね~^^
それから前菜パスタメインへと~~
美味しい一日でしたね~!
歩いて通える美味しいお店があるのは本当に幸せだー
さぁ、今日も頑張ろう!

2024.02.28 / 20:43

3月4日1室空きが出ました。

キャンセルのご連絡いただきましたのでお知らせさせていただきますm(__)m

3月4日(月)1泊
あけぼのの間 2~4名様
お料理はおまかせ料理(ほぼイタリアンです)

(ご予約頂きましたありがとうございます!)
よろしければお問い合わせください。
お待ちしております。

2024.02.28 / 16:02

やっとやっと行けましたコパンさん!

今年のお正月に移転オープンされたcopanさん
宿から車で10分ちょっと!
お昼にドリア頂いてきました~^^

あつあつですよー!
ミートソースとクリームソースの2種、
クリームソースの具材は日替わりで今日はヒラメと白菜など!
どちらも米粉を使ってて重くなく、50のおっちゃんでもペロリです^^
ラテアートはまだまだ修行中だそうですが^^
美味しいお昼となりました!
人気のカヌレとシューは子供たちのお土産に^^

次回はどんなアートと出会えるのか!
楽しみでございます~!

コパンさんは福岡造園さんの新しい施設のなかで営業されています。
FUKUcopanさんでは植物も買えますし色んなワークショップも^^
宿の近くで楽しいお店が増えるのはとてもうれしいことですね~!
みなさまもよろしければぜひ~^^

2024.02.27 / 15:53

空室状況のお知らせです。

お部屋の空きがございますので
お知らせさせていただきます。

お食事(夕食)のみでのご利用
〇3月1日(金) 2~6名さま
〇3月4日(月) 2~6名さま

ご宿泊(2食付き)でのご利用
〇3月3日(日) おのころの間 2~4名さま

(ご予約頂きましたありがとうございます!)

3月から5月まで平日週末ともにお料理は
季節のおまかせメニュー(ほぼイタリアン)となります。
どうぞごゆっくりとお楽しみください。
お問い合わせお待ちしております。

2024.02.27 / 15:41

人それぞれの魅力

いや~、昨夜はいつもの同級生料理人が集まり楽しいひと時でした。
毎度書きますが学生時代を共に過ごしたメンツが同じ職に就きそれぞれ活躍しているこの状況、
ほんと娘たちもいうんです、
ん?お父さんの同級生友達やたら料理人さん多くない?って。
確かに~。ほんと珍しいかもしれませんね~^^

50歳ですからもうこの業界30年越えメンバーの積もる話とばんち(万代さんですね!)の旨いアテを肴に時間が過ぎるのはあっという間。
実はこのメンバーで春に浅草~豊洲研修旅行するんですが、その打ち合わせも兼ねて集まったのでしたがね^^;
娘の予言通り打合せなどまったくせずで(~o~)

こりゃまた集まらなあかんなぁ~~🍷

企画役はいつもばんち。
思いやりの人です。
沁みる~~~。

2024.02.25 / 23:36

ふぐ料理ありがとうございましたm(__)m

天然とらふぐと3年とらふぐ、
今シーズンもたくさんの方にお楽しみいただきました。

お越し下さった皆様、本当にありがとうございました。

ふぐという魚は本当にある意味個性的でやっぱり貫禄ありますね。
どの料理も欠かせないのですが、やはり寒い季節に美味しくなるお野菜との鍋。

もし冬のコースで1品ふぐを取り入れるとなると、メインでてっちりかなぁ~。
申し分なく美味しいコースとなるでしょうね。

しかし、前半料理をあまり出すぎずな料理にしないといけませんね。
お野菜が中心でしょうか。

妄想は楽しいです^^
いつになるかわかりませんが、
その時はどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

2024.02.24 / 23:58

今シーズンも明日で

最終です。
最後にぐっと気温が低めでお鍋がより美味しく!
が、今シーズンの締めくくりには良かったでしょうか^^

ふぐの捌きは幼馴染の料理人ヒロフミに教えてもらったのが始まり。
ヒロフミは慶野松原にあるホテルけひの海の料理長です。

両親はふぐ免許は持っててもその道でしっかり修行したわけでもなく民宿料理だったので、
身近にしっかり教えてくれる料理人がいたことは本当にありがたかったです。

あれからもう20年以上です。
ふぐ料理の美味しさ、できてるでしょうか。

1990年代の専門料理、ふぐ特集のあのてっさの美しさが自分の中の理想像です。
今の自分が引くてっさとは全く違いますが、いつかいつの日か…

身のきれいさは申し分なく。
でも、何もかもが根本的に違うんでしょうね。

ふぐのコース、鱧のコースもそろそろ終わりにしようかと思っております。
季節季節の南海荘のコース料理に。
今まで以上に自由に自分が美味しいと思う料理で。
たのしいと感じる充実の日々の為にも。

2024.02.24 / 00:28

松岡さんの鹿と森本さんのレモン

鹿のきれいな美味しさとしっかりとした旨味、
ほんのりな甘さにしたレモンピールのジャムとの相性の良さ。

昨日はローストしてレモンピールのジャムとあえたラペと。
本当にきれいな松岡さんの鹿。
今日は、さっとソテーして。
柴山さんの子安三寸のピュレ、
プンタレッラとレモンピールジャム。
カンパーニュはもちろんレモン酵母です。

2024.02.24 / 00:20

菜の花

この頃タルタルは菜の花と。
軸はさっと湯にして塩して絞ってその日の地魚と。
葉はも少し早めのさっと湯にしてホワイトバルサミコとまわしてソース。

2024.02.23 / 23:13

1日熟成

ほんのちょっと置いといて地元の方へ握りに。
ガブは美味しい。
(あ、お泊りの皆様へは活き活き地元のホウボウでした!
もちろん素晴らしく。)

CATEGORY

ARCHIVE